株式会社 TAISHI

  • fb
  • ig
  • プロジェクトディレクター

    嶋田 健一

はじめまして、嶋田健一です

まちづくりの領域は幅広く、大きく言えばハードとソフト、細分化するならば都市計画、空間計画、環境計画、建築、土木、地域振興、観光振興、経済振興、コミュニティデザイン…等々様々あります。
私のベースは、学生時代の建築学を基礎とした都市計画です。
建設コンサルタント在籍時代は、自治体の総合計画、都市計画、景観計画、住環境計画、観光振興計画等の云わば川上業務から、地域振興施設等の調査・構想・計画といった地域振興に直接結びつく川下に近い業務まで多岐にわたって経験を積みました。
(株)TAISHIの主なミッションは、観光振興をベースとした事業構築をとおし、地域の振興を図ることにあります。
上述した経験を武器に、地域の課題に合わせた、私ならではの、その地域ならではのより良いプロジェクト提案をいたします。

活動情報

強い思いと魂の宿ったプロジェクト展開!

日本の人口減少が顕在化するなか、地方での人口維持対策と仕事づくりといった地方創生が喫緊の課題となっていますが、足踏み状態が続く地域も数多く存在します。
地域の資源や魅力を活かして地方創生を!と頭の中では分かっていても、その資源や魅力の活かし方に頭を抱えているのが現状かと思われます。
成功事例を調べて手っ取り早くモノマネ地方創生を手掛けても、強い想いや魂のない取り組みは、いずれ息切れしてしまうでしょう。
地域づくりに型などありません。
私は、思考を停止せず、地域にあったカスタマイズなやり方で、クライアント様と共に、地域の資源を磨き上げ、強い思いと魂の宿ったプロジェクトを展開します。

調査研究

何が正しいかより何が楽しいかを考えましょう!

会議の席で、「意見はないですか?」と問われ、その場では無くても、懇親会の席で有意義な意見が出ることは稀ではありません。
これはどうしてでしょう?
全てではありませんが、会議という格式ばった場で、頓珍漢な意見を言っては恥ずかしい、自分の考えが間違っていたらどうしよう、何か正しい発言をしなくては...と思考を働かせているように思われます。
懇親会の場では、「こんなことをすると楽しいよね。面白いよね。」なんていう意見が飛び出し、それ採用!なんてことでプロジェクトが動き出すことは稀ではありません。
何が正しいかなんて誰にも分りません。
正しいことを考えるよりも、何が楽しいかを考えましょう。
どんな人だって楽しいことが嫌いな人はいないのですから。
私も楽しい仕事は大好きです。

PROFILE

北海道札幌市出身。
大学にて建築工学・都市計画を専攻。都市計画系のコンサルタント会社にて都市計画、住環境計画、景観計画、街なみ計画、市街地活性化、自治体総合計画、地域振興計画、観光振興計画等のまちづくりに関わる計画策定や地域振興施設等のプランナーとして施設整備構想・事業計画づくりに従事。
総合建設コンサルタントの営業を経て、2017年7月よりTAISHIのプロジェクトディレクターに就任。
専門分野:都市計画、街なみ景観、地域まちづくり振興、地域合意形成、施設計画

ページトップへ