株式会社 TAISHI

  • fb
  • ig
  • 代表取締役

    菅野 剛

北海道を変えよう!北海道は変えられる!

“Boys be ambitious!” 北海道ほど、このフレーズが似合うところはありません。
 しかし、その北海道から若者たちがどんどん減っています。2015年の国勢調査では、道内179市町村のうち実に171市町村で人口が減り、北海道の総人口も538万人と、1995年からの20年間で31万人も減っています。
 北海道は農林水産業の比率が高く製造業の比率が低い、公共事業の削減で建設業が低迷しているなど、産業構造の高度化が遅れていることがその原因だと、よくいわれます。
 では、北海道は、地域は、このまま衰退してゆくのでしょうか。そんなことはありません。私たちは、これまでの経験から、どの地域にも豊かな可能性があり、大きな志を持って頑張っている人たちがたくさんいることを知っています。
 私たちのビジネスは、そのような人たちと「志」を共有し、その想いの実現に向けた戦略、戦術をカタチにすることから始まります。
 地域のパートナーとして、既成の枠にしばられず、幅広い視野で地域の自立を支援します。地域の人たちと、自分たちの頭で一緒に考え、知恵を出しあい、協働しながら、スキルやノウハウの移転を図ります。
 社員自ら地域を歩き、地域の文化・自然・歴史を学び、従来から存在している資源を活かし、必要とあれば海外にも目を向けて、現場主義、成果主義で、地に足がついた、息の長いコンサルティングを実践します。
 すべては、この北海道の、地域の可能性を、もっと花開かせ、豊かさをカタチにするために。北海道の新たな未来を創るために。

   

PROFILE

北海道札幌市出身。
1995年より5年間台湾在住。日系商社にて日本向け貿易業務から大手広告会社台湾ブランチを経て、JTBグループ広告会社に入社。日本各地の観光地の台湾プロモーションに携わる。帰国後、北海道にてJTBグループ広告会社に勤務。 2004年よりJTB北海道営業本部を経て、2006年4月の分社後JTB北海道・市場開発室プロジェクトディレクターに就任。2011年6月より現職にて、食と観光による地域活性化事業を推進する。
主な実績
・闘牛文化リマスタープロジェクト (行政団体/2016年)
・天空都市・松尾鉱山観光資源化プロジェクト(行政団体/2015年)
・ロングトレイルを活用した観光プラットフォームモデル創出事業(行政団体/2014年)
・道内空港を活用した道産品輸出等トライアル事業(行政団体/2013年)
・開拓100年史から新たな歩みを考える・酪農文化の継承事業(行政団体/2013年)
専門分野
地域活性化戦略、ビジネスモデル構築、観光、食、人材育成
主な公職・執筆活動等
・財団法人地域総合整備財団 地域再生マネージャー
・総務省 地域人材ネット登録
・全国商工会連合会小規模事業者新事業全国展開支援事業専門家
・北海道再建への戦略 ~豊かな「ストック社会」に向けて(北海道新聞社 / 2007年4月)

ページトップへ